2018年10月26日

Spotifyの無料版を改めて使ってみた結果

「おすすめの曲」がウザい。数曲に一度の広告よりもウザい。ディルの新譜をシャッフル再生したらhideのDOUBTが始まった。何も知らないとビビるよね。これがおすすめの曲。他にもGACKTやらMIYAVIやらが流れて一向に本命が聴けない。スキップもできるけど回数制限があるようだ。何回か曲を飛ばしたらボタンが押せなくなった。この鬱陶しさ全てが課金圧力と言っていい。(笑)

だからSpotifyを無料で使う時には、選んだアルバムやアーティストの曲が5割聴ければ良しと思うべし。残りは聴きたくもないおすすめを強引にぶっ込んでくる。普通のまともな使い方をしたければ有料会員になりなさいという事で。無料版の使い方としてはラジオだよな。自分のリクエスト曲も交えつつ、それらに近いアーティストの曲も勝手に流れる。おそらくはこれが楽曲提供元にとってのプロモーションなんだろう。お目当てのアーティストの曲以外も聴かせる事で宣伝活動になっている。つまりDIR EN GREYのファンにlynch.の曲を聴かせて、それが元でlynch.のファンになってくれたら無料で聴かせた甲斐がある。そういう事だろう。ただの意地悪というわけではないと思う。

ただ知らないと本当にびっくりする。俺も久々だったから最初はパニクった。こういう仕様だった事を思い出して納得したけどね。もっと大々的に書いておいてほしいけど、Spotifyにとっては無料会員なんてどうでもいい存在なんだろう。だからこちらも割り切って使えばいい。特に聴きたいものが決まっていない時にはいいと思うよ。利用する場面は限られるだろうけどさ。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 07:23| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: