2018年04月15日

最終的には諦めるしかないと悟った一日

昨日は強迫観念がとても執拗でね。何をやっても騙される。そんな一日だった。絶不調というやつだ。ストレスフルで辛かった。ただそんな日にも得るものはあってね、強迫の対象が多過ぎるともはやお手上げ。だから一つ一つに対処をするのではなくて、一括で無視するしかないという結論に達した。

言い換えると完璧を維持するのを諦めたという事になる。「諦めの境地」とでも言おうか。するとちょっとだけ気持ちが楽になった。「もう駄目なんだ」「もういいんだ」という思いで心が満たされた時、独りよがりの「完璧」は無意味だと悟る。強迫性障害が治ったとは言えないが、そこには寛解へのヒントがある気がする。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 05:50| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: