2018年01月14日

やると決めたらやりきる

今年も早2週間が経とうとしている。特に宣言をしたわけじゃないけど、今年は表題の通り「やると決めた事はやり通す」という信念のもとに行動している。昨日は部屋の掃除を始め、いくつかの溜まっていた仕事を片付けた。一つ一つの作業の度に強迫観念が出てきて鬱陶しい。それらを真に受けないでやり過ごすのはストレスが溜まる。しかし他に有効な手立てはない。断言できる。だから決めた所まではしっかりとやりきる。休憩も挟みながら最後まで走りきる。そして終わったら振り返らずに次へ行く。

結局は精神論になるのかもよ。画期的な治療法が確立されない限りは、患者本人のモチベーションに大きく左右される。曝露反応妨害法だの森田療法だのと言われているけど、つまりはネガティヴな感情を置き去りにして自分のやりたい事をやりたいようにやれって事だろ?自分の人生なんだからさ。何を、いつ、どこで、どのようにやったって構わない。「職業」という意味での仕事はまた別になるが、少なくとも家の中でやってる事に厳密なルールなどあるはずがない。だから本来は「結果オーライ」で良いのだろう。手段や順序になど意味はない。

唯一、意味のあるルールがあるとすれば、「時間を巻き戻さない」という事だろう。どんなに不安感や猜疑心があっても、過ぎた事に戻ってやり直していると先に進めなくなる。人生のタイムラインを行きつ戻りつしていると、そのうちに今がどこなのか分からなくなる。もうやったか、まだやっていないかが曖昧になってパニックを引き起こす。「普通の心のありよう」として過去を一切省みない、振り返らないというのはおかしいし無理がある。しかし俺は強迫性障害というものを持っていて、今は治療の真っ最中だ。リハビリだと思えば多少強引で強制力を持たせるのもアリだろう。だからといってストレスフルになり破綻するのもマズい。やはりバランス感覚は大事だ。やり過ぎたら駄目、否定し過ぎても駄目。でもちょうどいいは中途半端に見えてしまう。例えそれが正解だったとしても落ち着かない。この決まりの悪さに慣れてこその寛解か。なぜなら世界は不条理だから。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 09:03| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: