2017年11月12日

「生きづらさ」よりも「生きやすさ」

「いかにして楽に生きるか」というと怠け者の話のように聞こえるが、強迫性障害や完璧主義に悩まされている人間は真剣に考えた方が良いテーマだと思う。自身は決してそうではないのだが、傍目から見れば敢えて苦行を選ぶ修験者のように思えるだろう。わざわざ苦しくて辛い道を選んで歩くのだからドMでもない限りは説明がつかない。自分でも幸せの尺度がぶっ壊れていると思う。「生きづらさ」を自ら招いている。

だから「生きやすさ」を優先しようと思う。「どう考えて、どう行動すれば一番楽か?」という判断基準で世界を見てみる。そうすれば過ぎた事にとらわれていつまでもウジウジしている自分が馬鹿らしくなってくる。現在の考え方や行動によって確定してしまった過去をどうにかしようと思う事自体が無駄だと分かる。「生きやすさ」重視で行くなら、今を大事にした方がずっといい。自分にとって楽な道を探すんだ。

完璧主義の実践は所詮不可能であると頭のどこかでは理解している。理解はしていても実際にはそれを追求してしまっている自分がいる。「不完全」や「想定外」が生じる事を恐怖している。それが俺の大きな「生きづらさ」だった。それを「生きやすさ」に転じるにはどうしたらいいか。おそらくは「完璧である事」よりも「どうしたら楽して目標を達成できるか」に重きを置いて考え行動する事だろう。一言で言えば優先順位の変更だ。「完璧であろうとする事」を放棄する必要はない。ただそれよりも上位に、まずは「心身が疲弊しない程度に」という条件を持ってくる。そうすれば考え方が多少変わってくると思うんだよね。楽して生きたい。それは決して悪い考え方じゃないよ。重荷を少しでも軽くするにはどうすればいいか。ここから考えてみよう。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 07:14| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: