2017年09月06日

自分の脳味噌をドブに投げ捨てたい

強迫観念に翻弄されてばかりいるとそう思ってしまう。まだ何かきっかけがあるなら理解は出来る。何もしていないのに不安になるのは気が狂いそうになる。明らかに典型的な強迫観念だと分かっていても辛い。その事が一日中こびりついて頭から離れない。自分はおかしい。強烈に印象付けられる瞬間だ。

つい先日もそのような事があった。ここまで具体的な強迫行為はせずに堪えている。ついつい強迫行為をして束の間の安らぎを得ようとするのは困ったものだ。その儀式をしたからといって現実には何も変わらない。分かっていてもやりたくなる。依存症と同じだ。強迫行為は麻薬。もはやそれ無しには生きられない。

今、このブログを書いている最中にも、頭の中には葛藤がある。早く強迫行為によって楽になりたい自分と、ここまで頑張ったのだから最後まで貫けという自分と。どうすればいいのか、最初から答えは出ているのに実践出来ない辛さよ。過去の自分の判断を無条件で信じられれば状況は変わるだろう。人間不信は他人に対してだけではない。まず自分という人間を信用していない所に最大の問題がある。強迫を退けるには、同時に自己評価を高める必要があると思う。自分を信じ、敬い、愛する事が出来るかどうか。そこにかかっている気がする。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 06:39| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: