2017年08月13日

「今に集中」の難しさ

このところメンタル関係の記事は意図的に避けていたんだ。これ自体がメンタルチェッキング、つまり強迫的な確認行為になっている気がして不安になったからだ。ただ避け続けるのも妙な感じなので今日は記事にしてみる。何事もやり過ぎは良くない。方向性はどうあれ、偏った考えや価値観は歪んだ完璧主義を醸成してしまう。

強迫性障害が重症化してくると過去にとらわれがちになる。過去とは言っても幼少期からつい先ほどまで多岐にわたる。だから今に集中しようと意識を目の前に向ける。しかし頭の中はとらわれ続ける。現在進行形の事と過去の事が一時的に共存する形となってモヤモヤする。集中力が削がれるので今に確信が持てなくなる。悪循環の始まりだ。

効果的な対処法は無い。人間は常に考える生き物である。思考が止まれば死ぬと言ってもいい。だから脳内のモヤモヤを全て取り払ってスッキリというのは無理な話なのだ。垂れ流しにするしかない。それはとても不安で不快で苦痛な事だ。スッキリしたいのにどうする事も出来ない。薬で気分が和らぐならどれだけ良いだろう。自分の性格や思考法と複雑に絡み合って根を張っているから難しい。どうしても無理な時は「寝逃げ」しかないな。昼寝をするとリセットされる時もあるよ。脳が疲れているんだろうな。可哀想に。馬鹿な話さ。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 06:58| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: