2017年06月19日

ル・マン24時間レース 大波乱の最終結果

俺はまだJ-SPORTSの録画を見ていないんだけど、総合優勝はポルシェの2号車。ロッテラーはやっぱり「持ってる」ね。総合2位と3位がLMP2という異例の最終結果。LMP1の5台全てが何らかのトラブルやアクシデントに見舞われ、内3台がリタイア。完走できたのは優勝した2号車とトヨタの8号車だけ。一体どうした?

そのポルシェ2号車だって一旦はトラブルで後方に沈んだんだよな。何とか終盤に追いついて総合首位に浮上したみたいだけど、下手すりゃ表彰台にはLMP2だけという事態も考えられたわけで、いかに今年のレースが異常だったかがよく分かる。アウディが居ないとこんなもんなのかねぇ。タラレバだけど今年もアウディが参戦していたら表彰台独占だったかもな。もう1年頑張れば良かったのに。

トヨタは予選までは良かったよ。過去最高の仕上がりに見えた。けど信頼性が全然だったね。6時間レースであればぶっちぎりで勝っていたかもしれない。ただ24時間となるとこうなってしまう。いかにそれが難しい事か。改めて思い知ったよ。例えLMP1がトヨタだけになったとしても、3台が3台ともリタイアでは当たり前だが勝てない。24時間先のフィニッシュラインに車を持っていく事の困難さ。今年もトヨタの悲願は成就しなかった。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 06:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450999785

この記事へのトラックバック