2014年07月09日

F1 2014 第9戦 イギリスGP BSフジ

イギリスのシルバーストーンで開催されたF1グランプリ。伝統ある高速サーキットでオーバーテイクもあり、見ていて楽しいサーキットの1つだと思う。予選はブリティッシュウェザーの妙もあってロズベルグがポールを獲得。母国開催のハミルトンは終盤5台にタイムを更新され6番手に泣いた。

しかし決勝ではハミルトンが追い上げて優勝。珍しくロズベルグのマシンにトラブルが出てしまったので、レース終盤は楽な展開だったろう。この結果により、両者のポイントは4ポイント差にまで縮まった。ほぼ仕切り直しと言っていい。

我がフェラーリはアロンソとベッテルが良いバトルをしたものの、ライコネンは大クラッシュで負傷するわ、アロンソもリスタート時のグリッドからはみ出すというポカをやってペナルティ食らうわであまり良いレースとは言えなかった。予選も大失敗だったし。ドイツではもう少しまともなレースを期待したい。

にほんブログ村 車ブログ F1へ
posted by YU320R at 08:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Motorsport | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック