2017年08月18日

何があっても結局最後はここに戻ってくる

今感じていること。どんな不安を感じても、どんな苦痛を味わっても、でも結局はまた前を向いて歩き出す。生きているってそういう事なのかな。だったら最初から上手にやれよとも思う。それが出来たら苦労しないとも。自分は不器用な人間で、柔軟性や臨機応変というものが苦手だ。強迫のルールやパターンに縛られている。だから余計な事を考えては立ち止まり、振り返り、無駄な時間を過ごしてしまう。とても歯痒い。もっとスマートに生きたいはずなのに。

でもこれが自分だ。これしか出来ない。だからこの先も無意味で無価値な事を深刻に考えては心を乱して震える日々が続くのだろう。そんな人生の無駄でさえも包み込んで生きていかねばならない。無駄な事なんて一つもないと信じたいけど、この先起きるかどうかもわからない惨事に心を砕くのはやはり無駄だ。有害である。とらわれを増強するだけだ。過去も未来もなく、今だけに集中する。言うは容易いが、その今は過去から未来へと続く道の途中である以上、それらとは切り離せないものでもあるからだ。過去があるから今があり、今の結果で未来が決まる。それもまた真実だと思う。

ただ道中に何を考え、何を為そうと結局は前に向かって歩いていくしかない現実がある。我々は生まれてから死ぬまでずっと歩き続ける。決して立ち止まったり振り返ったりする事はない。例え立ち止まっているように思えても、時間だけは確実に1秒1秒時を刻んで進んでゆく。何もしていなくても昨日の自分と今日の自分は全く違う。1日という時間が過ぎ去って、1日死へと近づいた。普段は意識していなくても、これは厳然たる事実である。もう今日という日がやってくる事は未来永劫ありはしない。そう考えると強迫性障害の人間のコスト意識の無さに気づく。とらわれの最中にいる時は特に、時間も意識もまるで無尽蔵であるかのように傾けてしまう。自分の大切なものを削っている事に注意が行っていない。そしてふと我に返った時に絶望して後悔する。だからせめて強迫のループに陥りそうになったら思い出そう。人生は有限であると。もしかしたらそれで何割かは踏み止まれるかもしれない。誰だって自分の人生を自由に生きたい。そうあるためにまたここに戻ってくる。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 07:04| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

PS3 DARK SOULS II 古竜と探求者を残すのみ

今回だけは古竜を屠る。ただし体力が無いので耐えられない。炎晶石の指輪+2を装備してもブレス1発に耐えるのが限界。それほど難しいパターンではないが完封する必要がある。まだ事故死があって安定しないな。直前に篝火が無いので祭祀場の入口からやり直しになるのがムカつく。攻略には関係ない場所だから気長にやるさ。

一方の探求者アン・ディールは毎度の事ながらやる気が出ない。倒してもドロップアイテムやソウルは一切貰えない。単なる邪魔者。それでいてダメージが通るチャンスが少なくて長期戦になる。倒したら莫大なソウルが手に入るとかだったら気合も入るというものだが。正直、どうでもいい相手である。

そんなわけで本編のクリア直前で足踏みしてしまっている。気分が乗らなかったら先にDLCへ行くのもアリだろうか。とにかく光る楔石が足りないのでオジェイマラソンをやろうか考えている。今回は魔術師キャラなので竜の骨の化石を全く使っていない。物々交換に杖は無いからね。一本ぐらいあっても良かったのにな。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 06:54| Comment(0) | PlayStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

PS3 DARK SOULS II ラスボス直前

魔術師キャラで巨人の記憶まで来た。ここまで来ればラスボスまであと一息。スペル偏重だから防御力に不安があるものの、白霊の2人も上手く利用して撃破したい。近接キャラとは違い、壁があるとずっと立ち回りが楽だからね。1人で戦わなければならない時の心細いこと。前のキャラの時には無かった感覚だ。

1周目で魔術はほとんど試す事が出来た。2周目は信仰にも振って奇跡や闇術も試してみようかと思っている。最初のキャラでは主に呪術と聖鈴で使える闇術を試した。今回は魔術。そして奇跡と杖で使える闇術。そのためには魔女の黒枝を取らないとな。意外と1周目だとドロップしないな。闇晶石の指輪+2ばかり落としやがる。やはりレアドロップ狙いは2周目以降の方が良いのだろうか?

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 06:44| Comment(0) | PlayStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

PS3 DARK SOULS II アン・ディールの館にて

ナヴァーランの暗殺依頼はパスしてレバーを引く。早く黒魔女装備が欲しかったからね。1周目で暗殺依頼を全てやり遂げるとなると「ケイルの兜」がネックになる。殺害無しで手に入れるには本編の最後まで進めなければならない。地図の火が全て灯った段階で話しかければ装備一式を貰える。それには玉座の監視者と守護者を倒さねばならない。つまりラスボス直前まで行かないと駄目。まだちょっと遠いな。

不死廟に到達した事でブルーフレイムをゲットする事が出来た。魔術の触媒にもなる直剣だ。コイツの良い所は変質とエンチャントで魔法攻撃力を上げると、魔術の威力も増強されるという点だ。純粋な触媒には出来ない芸当だ。ただこれを持つために筋力と技量にステータスを振ってしまったので、もう純粋な魔術師とは言えないな。元から月光の大剣までは片手で扱えるぐらいに振ろうと思っていたので予定通りではある。

魔術も「ソウルの奔流」まで出て来たから、主要なスペルはほぼ揃ったと言っていい。今後は信仰にも振って奇跡や闇術も取り入れようか考えている。魔女の黒枝を拾えば呪術を除いた全てのスペルが使えるようになる。このまま純粋に魔術だけでも良いけど、そうなると魔術に耐性のある敵には厳しいよな。物理はあまり期待出来ないし、「雷の大槍」ぐらいは入れておこうかな。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 06:52| Comment(0) | PlayStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月14日

PS3 DARK SOULS II 魔術師でアマナの祭壇に到着

直前の鏡の騎士は面倒だった。盾に魔法が当たると弾きやがる。微妙な角度で構えてやがってイライラした。バンホルトさんも蒸発しちまうし、意外なほど苦戦したな。そしてアマナの祭壇。ここは水場なので魔術よりも奇跡の雷の方が効く。現在の信仰は5しかない。さてどうするか?

魔術のレパートリーは充実してきた。しかし上位の魔術になると軒並み使用回数が少ないので困る。記憶力はまもなく50の大台になる。なので使用回数も増えてはいるのだが、元々回数の少ないスペルはそんなに増えない。使い方や使い所を見極めないと次の篝火までもたない。

当初は奇跡や闇術も入れようかと思っていたけど、今は魔術だけで手一杯な状況だ。ただ奇跡や闇術に手を出さなくても、幾らかは信仰に振らないと雷と闇に対する防御力が上がらないよな。なかなかに理力ガン振りだけでは上手くいかないものだ。ある程度のバランスは必要になる。そう感じている。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 06:49| Comment(0) | PlayStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする