2018年09月21日

PIERROTを聴く 「FINALE」〜「HEAVEN」

メジャー前期の3作は「地上」「地獄」「天国」というダンテ的世界観で構成された3部作。「FINALE」から旅が始まるというのも彼ららしい。このアルバムは発売当時、正直好きになれなかった。シングル曲は光るものがあるんだけど、アルバム曲が全体的に薄味でパンチが弱い。バラードも多めだし、聴いていてダレてしまうのだ。時間を経た今になって聴いた方が「味」を感じるかな。もしかして3作の順番を逆にして最後に聴いた方がシックリ来たりして。ただメジャー1発目と考えるとやっぱり印象が薄い。

「PRIVATE ENEMY」はリアルタイムで聴いていない。発売前にヴィジュアル系のフォローをやめてしまったからだ。今回初めて聴いたけど、前作よりは良いかな。全体的に暗くてハード。ノリも悪くない。こちらの方がより「PIERROT的」だと思う。シングル曲も大胆にアレンジしてあるから別物として楽しめる。初心者はこっちから入った方がいいかもしれない。

「HEAVEN」は文字通り「白」のイメージ。毒気は控えめだがメロディはとてもいい。このバンドの別の側面を見られる。なぜここからハード路線に振ったかね。ポップで、キャッチーで、どこか不穏。それがPIERROTの良さだと俺は思う。このアルバムまでは素直に受け入れられたファンも多いだろう。例え白くてもPIERROTを失っていない。良いアルバムだと思う。

今後は解散までのアルバムを聴いてみよう。賛否両論が巻き起こった時代の曲たちだが、今の時代に聴いてみれば意外な発見があるかもしれない。なるべく先入観は無しで聴いてみたい。そのうちまた感想を書くとしよう。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 08:45| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

漠然と不安

これこそまさにOCDの症状。分かっちゃいるけどモヤモヤするのは辛い。やかましいBGMと同じ。頭の中で流れ続ける。それでもいずれは終わる。次の曲がかかっても、それもまたいずれは終わる。その繰り返し。生きている限り静寂に包まれるのは稀。大抵はガチャガチャとした騒音の中で生きる事になる。無い物ねだり。絶対に手に入らないものを求めても苦しいだけだ。

俺の身の上だと将来を考えたところで不安しかない。仕事も、自分の家族も、将来の展望も何もない。でもそれを今更嘆いても事態は変わらない。子供の頃から人の群れの中で生きる事が苦痛だったし、不登校も経験した。現状は納得できる。自分も周りも問題に向き合わず今日まで来た。だからこうなって当然だと自分でも考えている。

ただ例え今後の人生が消化試合であったとしても、死が訪れるまでは生きていかなきゃならん。色々と考えてしまって辛い時は、とりあえず今日だけを見ていよう。今の事だけに集中しよう。雑念があって大変だけど、精神的に良い日も悪い日もあるさ。特に最近は天候も不順。鬱々とした日々が続いている。それでもいつかは晴れるだろう。その日のために今日を生きる。生きてさえいれば。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 06:55| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

PIERROTを聴く 「パンドラの匣」〜「Screen」

ラルク、ディルと来て、第3弾はPIERROTでいってみよう。とりあえずインディーズの3作品を聴き直す。正直、PIERROTのハイライトはインディーズ期だと思っている。メジャーに行ってからはどうも毒気が薄まって微妙なんだ。もちろん良い曲もあるけど、俺は一番「濃い」この頃の彼らが大好きだ。特に「パンドラの匣」は当時擦り切れるほど聴いた。音質は悪く、演奏も拙いけれど、既にこの時点で世界観が完成されている。他に類を見ない圧倒的な個性があった。今でも名盤だと思うし、実際名曲揃いだ。とにかく暗くて宗教的で異質な世界。そこに惹かれた。

続く「CELLULOID」もこれまた名盤。音質も技術も上がっていて、彼らの成長が感じられる。ただ発売当時はあまり好きになれなかった。「パンドラの匣」に比べると暗さや陰湿さが感じられず、ミニアルバムという事もあって小綺麗にまとまっている印象だったからかもしれない。後年、再評価したけど、インディーズでリリースした3枚の中では最も「明るい」という印象は変わっていない。「HUMAN GATE」なんて当時は受け入れられなかったよ。前向き過ぎて気持ち悪いと思ってた。自分が歳を重ねてからだな。心に迫ってくるようになったのは。

「Screen」はまさにインディーズ期の彼らの集大成的なマキシシングル。マキシシングルって言い方も今や懐かしいな。それはさておき、個人的にはこのシングルでメジャーデビューしてほしかったぐらいだよ。バンドの良さや特徴が3曲に凝縮されている。曲の雰囲気もダークで好きだ。当時、狂ったように聴き倒した記憶がある。この頃からかな、PierrotとDir en greyを勝手に双璧だと考えるようになったのは。今にして思えばあまり似てないけどね。音楽的にはディルの方がもっと「マッチョ」だと思うし。でもそういう雰囲気は当時のシーンにもあった気がする。懐かしい90年代の終わりよ。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 07:31| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

安室奈美恵が引退した

俺には全く関係ない話だけど、平成の象徴的な人ではあると思う。好き嫌いに関わらず、俺らの世代の人間には深く食い込んでいる。まさに青春時代の記憶と共に彼女の歌がある。俺のように安室奈美恵のCDを買った事も借りた事もない人間でさえ何曲かは知っている。あれだけメディアで流されれば嫌でも覚えるよな。小室哲哉の絶頂期でもある。ミリオンセラーがバンバン出る、音楽バブルの時代だった。今からは考えられないよね。

昨日のバンキシャでかつての恩師がインタビューに答えていたけど、中学時代の安室奈美恵は既に歌と踊りで生きてゆく事を決意していたようだ。高校や大学を出ても社会に何の貢献もしない人もいる。自分は中卒でもそうはならない。東京に出て行ってスターになる。凄いよね。15歳でそこまで決意しちゃってる。そして実際に行動に移す。大成する人のこういうところが凄い。凡人は「高校ぐらいは」と考えてしまうけど、自分の生きてゆく世界に学問は不要と考えたらバッサリ切り捨てる潔さ。失敗した時の事なんか考えないんだろうな。彼女から学ぶべき事はありそうだ。

高学歴の人間はそうではない人間を馬鹿にしがちだ。でも東大を出て中央省庁に入って悪い事ばかりしている連中もいる。一方で彼女の歩んだ道は裸一貫で始まり、腕一本で勝負をしてきた道。売れなければお払い箱の過酷な道。無謀と言えば無謀なのかもしれないけど、その道に全てを注ぎ込む勇気と行動力が凄い。彼女に限らず他のアーティストやバンドマンでもそういう人がいる。もっと言えば音楽業界以外でもいるよ。中学生ぐらいで自分の将来をカッチリ決めてる人って。そういう人はブレないから、大抵はその通りになってる。根本的に俺なんかとは脳の構造が違うよ。同じ中学生という身分だったけど、彼らは遥か先の未来を見ていたんだな。この歳になってようやくそれが分かった。その凄さも含めてね。

俺の場合は高校へ行くために中学に行き、大学へ行くために高校に行った。親の言いなりでね。今にして思えば、高卒で働けば良かったかもしれない。社会の右も左も分からないうちに飛び込んだ方が余計な事を考えずに済んだかな。大学時代に就職活動なんかしたって駄目さ。「やりたい事」とか「なりたい自分」なんてないんだから。就職しても毎日が苦痛だらけで、これが一生続くのかと思うと絶望しかなかったよ。そのうちに精神に異常をきたして再起不能さ。安室奈美恵の半生とは真逆の人生だな。

それはさておき、一年に渡る引退騒動もこれで決着したわけだ。今週はまだ余韻が残るだろうけど、今日からは安室奈美恵のいない日々が始まった。そして来年には平成も終わる。俺も彼女も昭和生まれだが、ここまでの人生のほとんどは平成を生きてきた。今回の引退劇は例えファンではなくとも感傷的になる。平成が背中を向けて去ってゆく。本当に象徴的な出来事の一つだったと思う。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 07:18| Comment(0) | Music | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

PSP 悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲 使い魔を鍛える

久しぶりに「月下の夜想曲」の話題。相変わらずアルカードでプレイしている。自身のレベルは69まで上がった。キリ良く70までは上げたい。ここまで来るとそう簡単にはレベルが上がらない。今は使い魔のレベル上げを中心に城内を歩き回っている。既に99まで到達したのもいれば、まだまだ先は長いのもいる。とりあえずは全員50以上を目標に頑張っている。

装備品はほぼ全て揃った。最近はヴァルマンウェをメインに使っていた。けどそれも飽きたので今はアルカードソードに戻している。その方が緊張感がある。強武器だと敵が一瞬で溶けるから面白くない。効率性よりもモチベーション重視だな。やっぱりプレイしていて楽しくないと続かないよ。作業になると辛い。

現在のプレイ時間が40時間弱なので、50時間を過ぎたあたりでアルカード編を終わりにできたらと考えている。リヒター編とマリア編にはレベル上げやアイテム収集の要素がないからね。もっと早くケリがつくだろう。このゲームも随分長いから年内にはプレイを終えたいな。それを目指して今日も頑張るとしよう。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 06:58| Comment(0) | PlayStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする