2018年12月12日

ブログを書くペース

今月に入ってから意図的にペースを落としている。まあ書く事がないとも言える。ブログに対して強迫観念があるからだ。「毎日欠かさず書かなければ」というのもそうだし、「書いた内容に間違いや誤字・脱字があってはならない」というのもある。正式な出版物でも何でもない、ただの個人のブログにしてはハードルが高過ぎる。理不尽だ。だから距離を取る。面倒くさいやつだ。

あまり読者も多くはないと思うけど、何日かブログを「不在」にしても気にしないでほしい。これもある種の治療だから。のめり込み過ぎると距離感がおかしくなる。絶対にやり遂げなければならない「使命」のようになってしまう。たかがブログ。本来は書きたいから書いているはず。それが書かされている状態になると辛くなる。当然だ。俺にとっては書く事がセラピー。無理をしてまで書くのは本末転倒だろう。

強迫性障害を患って感じるのは、自分の中の優先順位がめちゃくちゃになってしまっているという事。健康な精神の持ち主であれば、例え一瞬の不安感にさいなまれても瞬時に、自動的に優先リスト第1位の事柄へと戻って先に進む事ができる。一方、OCD患者の場合、頭の中がその不安で満たされてしまい、本来の目的を見失って強迫行為に耽ってしまう。森田療法で言うところの「目的本位」に生きる事が上手くできない。だからこそ訓練が必要なんだ。自動で上手くいかないなら、手動でギアチェンジをする。四段階方式の教えだよね。ブログと適切な距離を取るのもその一つ。ご理解を。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 07:10| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

PSP LIFE FORCE 6面に到達!

やはり鬼門は4ボス。「沙羅曼蛇」のように画面右下の安全地帯でやり過ごすよりも、いわゆる速攻パターンで撃破した方がいいみたい。「沙羅曼蛇」に比べると自機のスピードが速いから微調整が難しい。壁に激突したり、青玉の出現までに位置取りが間に合わなかったりしてミスになる。その場合はコアを破壊してその中に入れば安全だ。しかし装備を引き剥がされた状態で5面をスタートするのは厳しい。結局はその先でゲームオーバーになる。

その5面は背景のせいで非常に見づらい。細胞の塊が飛んできても背景と混ざってしまって避けづらい。どうしてこうなったのか。飛んでくるパターンが「沙羅曼蛇」と同じなのが救い。ある程度は感覚で避けられる。それでも神経は使う。ボスのガウはグラフィックこそ違うものの、中身はデスと同じ。それなりの装備を残せていれば楽勝だろう。

「沙羅曼蛇」とほとんど同じだけれども、全く同じではない。そのわずかな違いが難しく、面白い。まあ今月はこのゲームに割り当てているので、時間の許す限りやり込むだけさ。目標も「沙羅曼蛇」と同じでワンコインクリア。エクステンドありだから、最後のシャッター地帯まで来られれば可能性は高い。ただそこまではノーミスで行かないと厳しい。カプセルとゲージのシステムになっても、後半の面で復活するのはやはり難しいからな。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 07:06| Comment(0) | PlayStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

PSP LIFE FORCE プレイ開始

「沙羅曼蛇 PORTABLE」収録の2作目、「LIFE FORCE」のプレイを開始した。こちらは「沙羅曼蛇」のマイナーチェンジ版。同名の北米版とは異なる。大きな違いはカプセルとゲージによるパワーアップとエクステンドの採用。より「GRADIUS」に近くなったと言える。ショットとミサイルに加えてパワーアップボタンの操作が加わったから、慣れるまでは結構苦戦した。もう少し慣れが必要。

ゲーム内容そのものは本家「沙羅曼蛇」とほぼ同じ。グラフィックの変化や曲の差し替えで印象は随分と違う。2ボスの腕が逆回転になっていたり、4ボスの青玉の数が少なくなっていたりと変更が加えられている部分もある。6面のビッグコアも正攻法で倒さなければならないようだ。そうした違いを楽しみながらプレイをしていきたい。

昨晩、1時間ほどプレイをして5面まで到達できた。やはり「沙羅曼蛇」をそれなりにやり込んだのは大きい。ただここでも鬼門になるのは4ボスのヴァリス。「沙羅曼蛇」の時は安全地帯を使ってやり過ごしていた。今回は正攻法で行くしかないのかな?青玉の数が減ったとはいえ、相変わらずリスキーな相手である事に違いはない。ここが安定すればクリアは時間の問題。まずは情報収集から始めよう。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 07:30| Comment(0) | PlayStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

PSP 沙羅曼蛇 プレイ完了

ほぼ1ヶ月に渡って毎日プレイした。結局は2周目の1面止まりだったけど、ワンコインで1周できたからこれでいいや。ハイスコアは83万点。下手のシューティング好きにしてはまずまずだよ。心置きなく次のゲームに移れるってもんだ。

前から言ってるけど、最近の複雑で面倒なゲームに比べたらシンプルでいい。ストレスを溜めずに脳を刺激するにはレトロゲームの方がいいんじゃないかと思う。だからといってレトロゲーマーになるつもりはない。ただゲームに疲れたらこういうゲームもいいね。そういう事。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 07:16| Comment(0) | PlayStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

PlayStation Classicは残念なプロダクトだとか

12月3日に発売されたものの、やはりと言おうか盛り上がりに欠けるな。ラインナップが残念な事に加えて、どうやらプレイ中に遅延やズレが生じるという致命的な欠陥があるらしい。特にシューティングゲームや格闘ゲームではキツい。まともにプレイできるのだろうか?

初代のプレステを部品から完全再現しているわけではなく、中身はスマホでその上にエミュレータを乗っけて走らせているだけだろう。それにしたってお粗末過ぎる。二番煎じのくせに完成度が低いって駄目じゃん。ソニーは時々こういう事をするよね。PlayStation Mobileの恨みは忘れていないぞ。今回も任天堂のブームに乗って小遣い稼ぎをしているようにしか思えない。任天堂やセガに比べるとゲームに対する愛情が感じられない。

まあせっせと買い漁った転売屋どもには良い薬になったろう。ゲームに対する理解が深ければ、こんな商品が売れるわけない事ぐらい見抜けたはず。ただ単に「数量限定」の文字に踊らされたならご愁傷様。たまにはソニーの売り上げに貢献するのもいいんじゃない?俺は半値でもいらないな。アーカイブスでプレイした方がずっといいから。

人気ブログランキングへ
posted by YU320R at 07:29| Comment(0) | PlayStation | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする